コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ティベリオス・コンスタンティノス Tiberios Kōnstantinos

1件 の用語解説(ティベリオス・コンスタンティノスの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ティベリオス・コンスタンティノス【Tiberios Kōnstantinos】

?‐582
ビザンティン皇帝。在位578‐582年。ユスティヌス2世の副帝から登位。執政期間は短かったが,579年にアルメニアの帰属問題をめぐってササン朝とイタリア南下を目ざすランゴバルド族との衝突,そしてバルカンではドナウ川を南下するアバール族との戦いが3ヵ所で発生した。いずれも未解決のまま彼は没し,問題は後継者のマウリキウス帝に引き継がれた。【和田 広】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ティベリオス・コンスタンティノスの関連キーワードウラジーミルビザンチン建築ビザンチン帝国北海道新幹線ビザンチウムビザンチン教会コンスタンティヌス一世ビザンチン式ビザンチン文化ビザンツ式

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone