コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ティベリオス・コンスタンティノス Tiberios Kōnstantinos

世界大百科事典 第2版の解説

ティベリオス・コンスタンティノス【Tiberios Kōnstantinos】

?‐582
ビザンティン皇帝。在位578‐582年。ユスティヌス2世の副帝から登位。執政期間は短かったが,579年にアルメニアの帰属問題をめぐってササン朝とイタリア南下を目ざすランゴバルド族との衝突,そしてバルカンではドナウ川を南下するアバール族との戦いが3ヵ所で発生した。いずれも未解決のまま彼は没し,問題は後継者のマウリキウス帝に引き継がれた。【和田 広】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ティベリオス・コンスタンティノスの関連キーワードチベリウス2世マウリキウスヨハネス4世(断食者)ペラギウス2世オリンピック浦戸諸島名古屋市の中学夜間学級青竜寺大興善寺ピュタゴラス

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android