コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和田 わだ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

和田
わだ

千葉県南部,南房総市東部の旧町域。房総半島南部に位置し,太平洋に面する。 1890年町制。 1955年北三原村と合体。 1956年南三原村の一部を編入。 2006年富浦町,富山町,三芳村,白浜町,千倉町,丸山町と合体して南房総市となった。中世には里見氏の支配下にあり,近世には江戸幕府の直轄地となった。海岸部は無霜地帯で,花卉栽培が行なわれる。和田漁港は江戸時代から続く関東で唯一の捕鯨の本拠地として知られる。内陸部は米作と酪農が盛ん。和田浦は岩石海岸で景色がよく,南房総国定公園の中心の一つをなす。嶺岡浅間 (336m) 南麓にあたる北部一帯は嶺岡山系県立自然公園に属する。

和田
わだ

長野県中部,長和町西部の旧村域。筑摩山地の南端に位置する。 1889年村制。 2005年長門町と合体して長和町となった。千曲川支流依田川の上流域にあり,大部分が山林。近世は中山道の宿場町で,南西に和田峠を控えてにぎわった。和田峠から男女倉口までの約 5kmは当時の面影がよく残され,中山道として国の史跡に指定されている。林業とエノキダケなどの栽培が行なわれる。一部は八ヶ岳中信高原国定公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

わだ【和田】

姓氏の一。関東御家人。三浦氏一族。義盛は早くから源頼朝に従い幕府内に重きをおいたが、和田合戦に敗れて滅亡。庶流はのち越後で勢力を伸ばした。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

世界大百科事典内の和田の言及

【南信濃[村]】より

…南東部は赤石山脈,北西部は伊那山地が占め,その間を走る中央構造線に沿って遠山川が北東から南西に貫流する。川沿いの一帯は古く遠山郷と呼ばれ,秋葉街道(国道152号線)が通じる中心集落の和田は江戸時代に遠江の秋葉神社へ参詣する人々の宿場として栄えた。秋葉街道は三河の塩を信濃に運び,また木材を搬出する通路でもあった。…

※「和田」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

杞憂

《中国古代の杞の人が天が崩れ落ちてきはしないかと心配したという、「列子」天瑞の故事から》心配する必要のないことをあれこれ心配すること。取り越し苦労。杞人の憂え。「杞憂に終わる」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

和田の関連情報