コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ティム・クック てぃむ・くっく Timothy D. Cook

1件 の用語解説(ティム・クックの意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

ティム・クック

アップル社のCEO(最高経営責任者)。2011年8月24日、カリスマ的存在であったスティーブ・ジョブズCEOの後継者としてCOO(最高執行責任者)から昇格した。ティム・クックは通称で、本名はティモシー・D・クック(Timothy D. Cook)。1960年11月1日、米アラバマ州生まれ。ナイキ取締役も務めている。
IBM社のPCロジスティックス部門に12年間勤務し、その後、米コンパック社(現ヒューレット・パッカード社)の役員を経て、98年にワールドワイドオペレーション担当シニアバイスプレジデントとしてアップル社に入社。物流を合理化するロジスティックスに革新をもたらしたことで、当時低迷していたアップル社の復興に貢献した。05年にはCOOへと昇進し、経営の実務を任された。ジョブズが医療休暇で不在の間はCEO代理も務めたが、当時の新製品である「iPhone 3GS」のリリースや、「iPod」「MacBook」「Mac OS」を完成させ、2四半期連続で業績を上げるなどの手腕を発揮し、取締役会の報酬決定委員会によって破格の特別ボーナスを支給されている。なお、今回のCEO就任に際しては、ジョブズによる強い推薦があった。
ジョブズとは対照的に腰が低く、誰にでも丁寧に応対する紳士的な人物だが、仕事に対する粘り強さはジョブズと変わらないと言われている。また、仕事一筋で、朝早くから夜遅くまで働くが、自転車ウェイトリフティングで体を鍛えるなど健康面にも気を配っている。
ジョブズからも信頼され、すでにその経営手腕も認められている同氏だが、カリスマ的存在であったジョブズの下、常に注目される商品を展開してきたアップル社を、今後どのように引き継いでいくかが期待される。

(横田一輝 ICTディレクター / 2011年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ティム・クックの関連キーワード最高経営責任者最高執行責任者CIOCEOCOOCTOCEO/COO最高財務責任者経営最高責任者チーフエグゼクティブオフィサー

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ティム・クックの関連情報