入社(読み)ニュウシャ

デジタル大辞泉の解説

にゅう‐しゃ〔ニフ‐〕【入社】

[名](スル)会社にはいり、その社員となること。「縁故で入社する」⇔退社

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

にゅうしゃ【入社】

( 名 ) スル
その会社に社員としてはいること。会社の使用人として採用されること。 「 -試験」
社団の構成員としての地位に就くこと。特に、既存の人的会社の社員になること。 「 -契約」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

にゅう‐しゃ ニフ‥【入社】

〘名〙
① 会社などにはいって、その社員となること。
※公議所日誌‐一一・明治二年(1869)四月「其小商社へ外国人の入社を許すべし」
② 特に合名会社合資会社の社員としての地位の取得をいう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

入社の関連情報