コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディオン遺跡 ディオンいせき

1件 の用語解説(ディオン遺跡の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ディオンいせき【ディオン遺跡】

ギリシア北部にある同国第2の都市テッサロニキ(Thessaloniki)郊外、オリンポス山の麓にある古代遺跡。テッサロニキはアレキサンダー大王の古代マケドニア王国の中心地だったところで、ディオンは古くから軍事拠点として栄えた都市である。アレキサンダー大王は、父王フィリッポス2世の遺志を継いで東方遠征に出発する際、このディオンの古代神殿で神に生け贄を捧げて出陣式を行ったといわれている。◇「ディオン」という名称はギリシアの最高神ゼウスに由来する。この遺跡には、ゼウスやデメテルの神殿遺構、ヘレニズム時代の古代劇場や城壁、上下水道が整備された町並み、水洗トイレ跡などが残っている。毎年夏には古代劇場で演劇が上演されている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ディオン遺跡の関連キーワードラルナカテッサロニキアギオスディミトリオス教会ガレリウスの凱旋門コウパボーグルサンペドロスーラ白い塔Θεσσαλονίκηギュムリテッサロニーキの初期キリスト教とビザンチン様式の建造物群

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone