ディオン遺跡(読み)ディオンいせき

世界の観光地名がわかる事典の解説

ディオンいせき【ディオン遺跡】

ギリシア北部にある同国第2の都市テッサロニキ(Thessaloniki)郊外、オリンポス山の麓にある古代遺跡。テッサロニキはアレキサンダー大王の古代マケドニア王国の中心地だったところで、ディオンは古くから軍事拠点として栄えた都市である。アレキサンダー大王は、父王フィリッポス2世の遺志を継いで東方遠征に出発する際、このディオンの古代神殿で神に生け贄を捧げて出陣式を行ったといわれている。◇「ディオン」という名称はギリシアの最高神ゼウスに由来する。この遺跡には、ゼウスやデメテルの神殿遺構、ヘレニズム時代の古代劇場や城壁、上下水道が整備された町並み、水洗トイレ跡などが残っている。毎年夏には古代劇場で演劇が上演されている。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android