郊外(読み)コウガイ

世界大百科事典 第2版の解説

こうがい【郊外】

現代では都市の近くの住宅地を意味し,サバーブsuburb(英語),フォアシュタットVorstadt(ドイツ語),バンリューbanlieue(フランス語)などに対応する。これらの語は近代以前にはいずれも現代とは異なる意味をもっていたが,19世紀以降に都市の周辺に住宅地が発達するにつれ,それらの住宅地を指すようになり,郊外生活,郊外鉄道などの語も生まれた。〈郊〉は中国語では本来,国城のはずれの地を指し,周制では国城を去る50里の地を近郊,100里の地を遠郊と呼んだ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こうがい【郊外】

都市の周辺にあって、森林・田畑などが比較的多い住宅地区。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こう‐がい カウグヮイ【郊外】

〘名〙 都市に隣接した地域。市街地に隣接した田園地帯。近郊。市外。
※本朝麗藻(1010か)下・白河山家眺望詩〈藤原公任〉「郊外卜居塵事稀。迢々春望思依々」
※俳諧・奥の細道(1693‐94頃)黒羽「日とひ郊外に逍遙して」 〔王維‐送孫二詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

郊外の関連情報