ディナラ サフィナ(英語表記)Dinara Safina

現代外国人名録2012の解説

ディナラ サフィナ
Dinara Safina


国籍
ロシア

専門
テニス選手

トピック
北京五輪テニス女子シングルス銀メダリスト

生年月日
1986/4/27

経歴
兄はテニスの元世界ランク1位のマラト・サフィン。2002年16歳の時にポーランドの大会で初優勝を果たし、WTAツアー本戦出場4度目で最年少プレーヤーとして優勝を遂げる。2005年世界ランキングでトップ20入りし、2007年トップ10入りを果たす。2006年全米オープンのダブルスでK.スレボトニクとのペアで準優勝。2007年の全米オープン・ダブルスではN.ドジーと組み4大大会初優勝。2008年カタール・テレコム・ドイツ・オープン、東レ・パンパシフィック優勝。同年北京五輪は銀メダルを獲得。全仏オープン準優勝、全米オープンは4強入り。2009年全仏オープンで2年連続決勝に進出したが、同じロシア出身のスベトラナ・クズネツォワに敗れた。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

最新 世界スポーツ人名事典の解説

ディナラ サフィナ
Dinara Safina
テニス

テニス選手
生年月日:1986年4月27日
国籍:ロシア
経歴:兄はテニスの元世界ランク1位のマラト・サフィン。2002年16歳の時にポーランドの大会で初優勝を果たし、WTAツアー本戦出場4度目で最年少プレーヤーとして優勝を遂げる。2005年世界ランキングでトップ20入りし、2007年トップ10入りを果たす。2006年全米オープンのダブルスでカタリナ・スレボトニク(スロベニア)とのペアで準優勝。2007年の全米オープン・ダブルスではナタリー・ドシー(フランス)と組み4大大会初優勝。2008年カタール・テレコム・ドイツ・オープン、東レ・パンパシフィック優勝。同年北京五輪はシングルスで銀メダルを獲得。全仏オープン準優勝、全米オープンは4強入り。2009年全仏オープンで2年連続決勝に進出したが、同じロシア出身のスベトラナ・クズネツォワに敗れた。同年世界ランキング(シングルス)で初めて1位につけた。2011年から試合に出場しておらず、事実上引退。

出典 日外アソシエーツ「最新 世界スポーツ人名事典」最新 世界スポーツ人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android