コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

灰谷健次郎 ハイタニケンジロウ

デジタル大辞泉の解説

はいたに‐けんじろう〔はひたにケンジラウ〕【灰谷健次郎】

[1934~2006]小説家・児童文学作家。兵庫の生まれ。小学校教諭を経て昭和49年(1974)に「兎の眼」を発表。人権や社会問題などについての発言も積極的に行った。他に「太陽の子」「ひとりぼっちの動物園」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

灰谷健次郎【はいたにけんじろう】

児童文学者,詩人神戸市生れ。大阪学芸大卒。小学校教師時代,児童詩誌《きりん》編集のかたわら詩や小説を書く。17年間の教師生活を経て《兎の眼》(1974年)を発表,あるべき教育・教師像を追求して反響を呼び,日本児童文学者協会新人賞受賞。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

灰谷健次郎 はいたに-けんじろう

1934-2006 昭和後期-平成時代の児童文学作家。
昭和9年10月31日生まれ。47年,17年間つとめた神戸の小学校教師をやめ沖縄などを放浪。49年長編小説「兎(うさぎ)の眼(め)」を発表。子供たちと全力でむきあう女性教師像をえがき,ベストセラーとなった。ほかに「太陽の子」「子どもの隣り」など。54年第1回路傍の石文学賞。平成18年11月23日死去。72歳。兵庫県出身。大阪学芸大(大阪教育大)卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

灰谷健次郎
はいたにけんじろう
(1934―2006)

児童文学作家。神戸市生まれ。大阪学芸大学(現大阪教育大学)卒業。17年間小学校教師を勤め、その間、児童詩誌『きりん』の編集に携わる。自らも詩や小説を書き、1965年(昭和40)、灰谷文学の原点ともいうべき『せんせいけらいになれ』を著す。74年不幸な境遇の子にヒューマンな愛情を注ぐ若い女教師を中心に今日的問題を扱った『兎の眼(うさぎのめ)』(日本児童文学者協会新人賞)を発表。幅広い読者層を得、続いて『太陽の子』(1978)もミリオンセラーとなる。78年『ひとりぼっちの動物園』で小学館文学賞、79年その文学的業績によって第1回路傍の石文学賞を受賞。そのほかの作品に、17年間の教師生活を通じて知った子供たちについてつづった『わたしの出会った子どもたち』(1981)、15年の歳月をかけて完成させた自然賛歌の『島物語』全5冊(1983~98)、『我利馬(ガリバー)の船出』(1986)、詩集に『きりんの詩集 子どもの詩が生まれた』3冊(1986)など、エッセイ・対談・評論集に『灰谷健次郎エッセイ集 島へゆく』『同 島で暮す』(1981、82)、教育哲学者・林竹二(1906―85)との対談『対談 教えることと学ぶこと』(1979)、『灰谷健次郎アクショントーク わたしの子ども時代・青春時代』(1990)、『林先生に伝えたいこと』(1991)などがある。
 1990年代後半以降には、『はるかニライ・カナイ』(1997)や長編小説『天の瞳(ひとみ)』がある。『天の瞳』は、1996年(平成8)に新潮社から「幼年編」が発刊されたが、98年版権を角川書店に移し「幼年編」「成長編」から2004年の「あすなろ編2」まで発刊された。エッセイ集に『優しい時間』(1996)、『いのちまんだら』(1998)、石川文洋(ぶんよう)(1938― )写真のアジア紀行『アジアを生きる』(2001)など。全集などとして、『灰谷健次郎の本』全24巻(1987~89)、『灰谷健次郎童話館』13冊(1994~95)、『灰谷健次郎の発言』8冊(1999)がある。[西本鶏介]
『『せんせいけらいになれ――詩のコクバン』(1965・理論社) ▽『兎の眼』(1974・理論社) ▽『太陽の子』(1978・理論社) ▽『短編集 ひとりぼっちの動物園』(1978・あかね書房) ▽『わたしの出会った子どもたち』(1981・新潮社) ▽『灰谷健次郎エッセイ集 島へゆく』『灰谷健次郎エッセイ集 島で暮す』(1981、82・理論社) ▽『島物語1 はだしで走れ』『島物語2 今日をけとばせ』『島物語3 きみからとび出せ』『島物語4 ほほ笑みへかけのぼれ』『島物語5 とべ明日へ』(1983~98・理論社) ▽『我利馬の船出』(1986・理論社) ▽『きりんの詩集 子どもの詩が生まれた』3冊(1986・理論社) ▽『灰谷健次郎の本』全24巻(1987~89・理論社) ▽『海の物語1 海の歌がきこえてくる』『海の物語2 あした呼ぶ海へ』(1988・金の星社) ▽『海の図』上下(1988・理論社) ▽『灰谷健次郎アクショントーク わたしの子ども時代・青春時代』(1990・社会思想社) ▽『林先生に伝えたいこと』(1991・新潮社) ▽『舟で想う、畑で考える――自給自足をたのしむ心と体』(1993・第三書館) ▽『灰谷健次郎童話館』13冊(1994~95・理論社) ▽『優しい時間』(1996・読売新聞社) ▽『すべての怒りは水のごとくに』(1997・倫書房) ▽『はるかニライ・カナイ』(1997・理論社) ▽『天の瞳 幼年編1・2』『天の瞳 少年編1・2』『天の瞳 成長編1・2』『天の瞳 あすなろ編1・2』(1998~2004・角川書店) ▽『いのちまんだら』『いのちまんだら アメリカ嫌い』(1998、99・朝日新聞社) ▽『灰谷健次郎の発言』8冊(1999・岩波書店) ▽『アジアを生きる』(2001・実業之日本社) ▽『風の耳朶』(2001・理論社) ▽林竹二・灰谷健次郎著『対談 教えることと学ぶこと』(1979・小学館) ▽清水真砂子著『子どもの本の現在』(1984・大和書房) ▽萬屋秀雄著『現代児童文学の展開――現代児童文学作家論2』(1986・大阪教育図書) ▽小倉知加子著『風を野に追うなかれ』(1989・講談社) ▽岡田純也著『子どもの本の魅力――宮沢賢治から安房直子まで』(1992・KTC中央出版) ▽神宮輝夫著『現代児童文学作家対談7 今江祥智・上野瞭・灰谷健次郎』(1992・偕成社) ▽立松和平著『立松和平対談集 風と話そう』(1993・家の光協会) ▽倉本聡著『倉本聡・対談紀行 上流の思想・下流の思想』(1994・理論社) ▽住井すゑ編『住井すゑ対話集2 土は生命の創まり』(1997・労働旬報社) ▽『灰谷健次郎まるごと一冊』(『小説新潮』7月臨時増刊号・1997・新潮社) ▽宮崎学著『突破者の条件』(1998・幻冬社) ▽山田洋次著『対話 山田洋次1 人生はつらいか』(1999・旬報社) ▽二瓶弘行著『文学読書単元「太陽の子」――学級だより500号の記録』(2001・東洋館出版社) ▽立松和平著『立松和平対談集 現代の饗宴』(2002・随想舎)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

灰谷健次郎の関連キーワードろくべえまってろよひとりぼっち河島 英五小宮山量平小谷芙美動物園

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android