デジタル遺品(読み)でじたるいひん

  • デジタルいひん〔ヰヒン〕

知恵蔵miniの解説

故人がデジタル機器やインターネット上に残した様々な情報のこと。具体的には、パソコン・スマートフォンやネット上のクラウドストレージなどに保存されたままとなっている写真・動画・文章などのデータ、インターネットバンキング口座株券SNSやブログの記録などがある。特に、資産価値のあるデジタル遺品は、遺族がその存在を知らない、パスワードなどの情報を知らないといったことで手つかずの状態になることもあり、また遺産相続において問題となる事例も出ている。デジタル環境の普及と高齢化に伴い社会問題化してきており、2015年10月には『「デジタル遺品」が危ない』(萩原栄幸著、ポプラ社)が刊行され、16年9月には一般社団法人デジタル遺品研究会ルクシーが発足された。

(2016-10-6)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

デジタル遺品の関連情報