コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デュラムコムギ

1件 の用語解説(デュラムコムギの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

デュラムコムギ

 [Triticum durum].二粒系のコムギで,マカロニスパゲッティなどの製造に適する.タンパク質含量が高い.

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典内のデュラムコムギの言及

【コムギ(小麦)】より

…栽培種は多型的でもっとも原始的なエンマコムギT.dicoccum Schübl.(イラスト)は現在イラン,エチオピア,ユーゴスラビアおよびスペインにわずかに栽培されているにすぎない。しかしマカロニコムギ(デュラムコムギともいう)T.durum Desf.(イラスト)は地中海から旧ソ連にかけてのヨーロッパ,エチオピア,中近東~中央アジア,アメリカ合衆国,カナダで広く栽培されている。チモフェービ系コムギ(イラスト)は野生種のT.araraticum Jakubz.と栽培種のT.timopheevi Zhuk.の2種からなる。…

【マカロニ小麦】より

…エンマコムギなどと同じ28本の染色体を有する二粒系のコムギで,デュラムコムギ,硬粒コムギとも呼ばれる。エチオピアが分化の中心で,ギリシア・ローマ時代から地中海沿岸で栽培され,現在は北アフリカ,中央アジアなどにも栽培が多く,コムギではパンコムギに次ぐ生産量をあげている。…

※「デュラムコムギ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

デュラムコムギの関連キーワードコムギコムギ(小麦)

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone