コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高い タカイ

2件 の用語解説(高いの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たか・い【高い】

[形][文]たか・し[ク]

㋐物が、地面などの基準になるところから、かなり上の位置にある。「日が―・い」「頭上―・く翻る旗」「手を―・く上げる」⇔低い
㋑垂直方向への伸びぐあいが大きい。基準となる面からの出っ張りが大きい。「―・く積み上げる」「―・い鼻」⇔低い

㋐声量が大きい。また、音声の振動数が多い。音域が上である。「興奮して声が―・くなる」「―・い音の出る楽器」⇔低い
㋑広く知れわたっている。「名声が―・い」「悪名が―・い」

㋐物事の程度が他よりも上である。また、水準よりも上である。「教養が―・い」「お目が―・い」「格調―・い作品」「香りが―・い花」⇔低い
㋑目標などがりっぱである。高邁・高遠である。「志が―・い」「プライドが―・い」⇔低い

㋐数値が大きい。また、度合いが大きい。「―・い点数」「温度が―・い」「平均年齢が―・い」「栄養価が―・い」⇔低い
㋑金額がかさむさま。また、ある金額に占める割合が大きいさま。「―・く売れる」「税金が―・い」⇔低い安い
他人を見下すさま。おごりたかぶるさま。多く「お高い」の形で用いる。「お―・い人」→御高(おたか)い
「乙に―・く留まって平気でいるじゃないか」〈漱石明暗
[派生]たかさ[名]
[下接句]腰が高い敷居が高い頭(ず)が高い鼻が高い目が高い父の恩は山より高し

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

たかい【高い】

( 形 ) [文] ク たか・し
空間的に基準面よりかなり上にある。
物の下端から上端までの差が大きい。上方に伸びている。 「背の-・い人」 「 - ・い山」 「雪が-・く積もる」
離れて上の方に位置している。はるか上方にある。 「 - ・い秋空」 「ヒバリが-・く舞い上がる」 「日はまだ-・い」
前方に突き出ている。 「 - ・い鼻」
音や香りが顕著である。
高音である。音や声の振動数が多い。 「 - ・い方のドの音」 「 - ・い声で歌う」
音や声が大きい。 「声が-・い。静かにしろ」
から転じて〕 世間に広く知れわたっている。 「評判が-・い」 「世評が-・い」 「悪名が-・い」
香りが強い。 「梅の香りが-・い」
序列・価値が上位にある。
地位・格式などが上位である。 「身分が-・い」 「 - ・い家柄」
教養・能力などがすぐれている。 「識見が-・い」 「目が-・い」 「知能が-・い」
品位・品格がすぐれている。 「格調が-・い」 「気品が-・い」 「 - ・く評価する」
志向が高尚である。低俗なものを嫌う。 「理想が-・い」 「志が-・い」 「気位が-・い」
数量的に多い。
金銭的に額が多い。
安い 「物価が-・い」
程度を数値で表した時、その数値が大きい。 「血圧が-・い」 「気温が-・い」 「年-・くなりて/宇治拾遺 24
時間的に遠い。 「 - ・き昔の道慕へども/続後拾遺 雑下
尊大である。 「下から出りやあ恐ろしい-・え/人情本・辰巳園
▽↔ 低いお高い
[派生] -さ ( 名 ) -み ( 名 )
[慣用] 敷居が- ・頭が- ・鼻が- ・目が- / ただより高い物はない ・枕を高くする。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高いの関連キーワード堆い重たい焦げ臭い酸い温とい馬鹿高い聡いとろ・いみともな・い

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

高いの関連情報