コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小麦 コムギ

5件 の用語解説(小麦の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こ‐むぎ【小麦】

イネ科の一年草。高さ約1メートル。茎は節のある円筒状で、葉は細長く、基部は茎を抱く。5月ごろに穂状の花をつけ、実は楕円形で溝があり、熟すと褐色になる。西アジアの原産で、重要な穀物として世界中で栽培。多くの品種があり、春小麦と冬小麦とに大別される。実を主に粉にひいてパンなどの原料にする。まむぎ。パン小麦。 夏》

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

小麦

自給率1割と輸入に頼る小麦だが、消費者の国産志向や国際価格の上昇を背景に、使い手から道産品への注目は高まっている。国内の小麦生産の68%を北海道が占め、道産小麦の45%が十勝産。国内産の3割が十勝産という計算になる(2012年)。道産の品種は、「きたほなみ」(ホクシンの後継種で、麺に向く中力)、「春よ恋」(もちもち感が特徴の強力)などがあり、超強力の「ゆめちから」が加わったことで、パンのほかにパスタなど用途も広がりつつある。江別製粉(江別市)に長く勤め、国産小麦普及のアドバイザー役となってきた佐久間良博さん(64)は「食パンなどで国産が外国産粉の増量剤に使われた時代を考えると、この10年の追い風は大きな変化」と話す。ただし生産コストの競争には限度があり、国産の安全・安心を訴えるだけでは広がりがない。「これから追求すべきは、日本人に合った味わいでしょう」

(2014-07-28 朝日新聞 朝刊 北海道総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

食の医学館の解説

こむぎ【小麦】

《栄養と働き》
〈米よりもビタミンB群、カルシウムが豊富〉
 小麦(こむぎ)はイネ科の越年草で、主食とする国がもっとも多いため、生産量は農作物中世界第1位です。
 現在の小麦の発祥地は黒海からカスピ海オリエントで、およそ1万年前から栽培されています。その歴史は古く、人類最初の作物ともいわれています。
○栄養成分としての働き
 糖質が主成分ですが、たんぱく質、カルシウム、鉄分、食物繊維などは精白米よりも多く含んでいます。ただし、たんぱく質の質のよしあしを決めるアミノ酸スコアは44点と、米の65点にくらべて低いため、たまごや肉、乳製品組み合わせて食べることがたいせつです。
○漢方的な働き
 漢方ではノイローゼ、イライラ、更年期不定愁訴(ふていしゅうそ)などの症状改善に使われます。
 常食すれば胃腸が丈夫になり、食欲がでて精力がつき、慢性の下痢(げり)を止める効用も期待できます。
 腎臓が弱っている人、腸が弱くて下痢をしやすい人、寝汗をかいて眠れない人などに適した食品といえましょう。
《調理のポイント
 小麦はそのままでは、しょうゆ、味噌の原料に使われますが、ほとんどは小麦粉として利用されます。
 小麦は粒のかたさによって、硬質小麦中間質小麦軟質小麦の3種類があり、製粉される小麦粉のタイプもちがってきます。
 軟質小麦はおもにケーキや菓子、てんぷらの衣などに使われる薄力粉(はくりきこ)、硬質小麦はおもにパンやパスタ、中華麺(めん)などに使われる強力粉(きょうりきこ)、中間質小麦はうどんやひやむぎなどをつくる際に使われる中力粉(ちゅうりきこ)となります。
 小麦粉を使った料理では、お好み焼きやすいとんなどがあります。
 ところで、小麦粉になるのはおもに胚乳(はいにゅう)部分で、皮と胚芽(はいが)は除かれてしまいます。ビタミンやミネラルなどの栄養をとりたい場合は、粒全体をそのままひいた全粒粉(ぜんりゅうこ)がおすすめです。製粉時に除かれる皮と胚芽は、小麦ふすまとして飼料に使われていますが、最近では栄養補助食品として注目されています。
 ちなみにふすまは布袋に入れて入浴剤として利用すると、酵素(こうそ)の働きで肌がツルツルになります。
○注意すべきこと
 小麦には体を冷やす作用があるので、冷え症の人は多用するのをひかえましょう。
血液循環をよくし、細胞の老化を防止する小麦胚芽の威力〉
 小麦の胚芽部分だけを集めて食べやすくしたものが小麦胚芽です。ビタミンB1、B2、食物繊維が豊富なので、糖質の代謝を促進し、疲労回復、便秘解消に役立ちます。
 そして、なんといってもビタミンEが多く含まれている点が小麦胚芽の特徴です。血行をよくし、新陳代謝を活発にして細胞の老化を防ぐ働きがあります。これらの働きは、動脈硬化予防や美肌にも有効です。
 小麦胚芽は米と混ぜて炊(た)いたり、揚げものの衣に利用するといいでしょう。また、クッキーのタネやホットケーキに加えても香ばしさがプラスされておいしくなります。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。食品は薬品ではありません。病気にかかったら、かならず医師の診察を受けてください。

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

しょうばく【小麦】

漢方薬に用いる生薬(しょうやく)の一つ。イネ科コムギの種子。鎮静止渇(しかつ)消炎などの作用がある。子どもの夜泣きひきつけ、女性の不眠症自律神経失調症に効く甘麦大棗湯(かんばくたいそうとう)などに含まれる。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

こむぎ【小麦】

イネ科の一年草。秋まき、または春まきとする。西アジア原産と推定され、重要な穀物として古くから栽培。多くの品種がある。茎は高さ約80センチメートル。葉は広線形。花穂は晩春に出て、小穂を中軸上に交互につける。芒のぎは細くて柔らかい。芒のない品種もある。オオムギに比べ、生育期間は長いが不良環境に耐える。種子は主に小麦粉とし、種々の食品に加工するほか、味噌・醬油・飼料とする。茎は麦わら細工・敷きわらなどに利用。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小麦の関連キーワード脂溶性ビタミン水溶性ビタミンビタミンB群過ビタミンD抗溶血ビタミンビタミンA補給ビタミン強化ビタミン強化乳ビタミンD過剰水溶性ビタミン (water soluble vitamins)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小麦の関連情報