コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デルフィニジン

世界大百科事典内のデルフィニジンの言及

【アントシアン】より

…その構造の決定はドイツの化学者ウィルシュテッターR.Willstätterの研究に負うところが大きくヤグルマギクからシアニンcyanin,さらにペラルゴンpelargon,デルフィニンdel‐phininが分離された。さまざまのアントシアンのアグリコン(アントシアニジン)はすべて2‐フェニルベンゾピリリウムの構造をもち,ペラルゴニジン,シアニジン,デルフィニジンの3種およびそのメチルエーテル誘導体である。(化学式)糖は3位または5位の水酸基に結合し,グルコース,ガラクトース,ラムノースなどが知られている。…

※「デルフィニジン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

デルフィニジンの関連キーワードプロアントシアニジンフラボノイドアントシアンナスニンエニン

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android