コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トッフン寺 トッフンジ

デジタル大辞泉の解説

トッフン‐じ【トッフン寺】

Tövkhön khiidТөвхөн хийд》モンゴル中央部、ハンガイ山脈東部にあるチベット仏教の僧院。17世紀半ば、ザナバザル(のちの初代活仏)が訪れたことで知られる。社会主義時代に破壊されたが、1992年以降、再建された。トッフン僧院。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

トッフン寺の関連キーワードアマルバヤスガラント寺ガンダン寺ガンダンテグチンレン寺院マンズシル寺院

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android