コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トッフン寺 トッフンジ

デジタル大辞泉の解説

トッフン‐じ【トッフン寺】

Tövkhön khiidТөвхөн хийд》モンゴル中央部、ハンガイ山脈東部にあるチベット仏教の僧院。17世紀半ば、ザナバザル(のちの初代活仏)が訪れたことで知られる。社会主義時代に破壊されたが、1992年以降、再建された。トッフン僧院。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

トッフン寺の関連キーワードアマルバヤスガラント寺ガンダン寺ガンダンテグチンレン寺院マンズシル寺院

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone