活仏(読み)かつぶつ

世界大百科事典 第2版の解説

かつぶつ【活仏 huó fó】

転生活仏の略語。チベット語ではトゥルク(sprul sku,化身)またはクケー(sku skyes,御転生)という。仏がこの世に出現させる化身の菩薩は,すべての人々が悟り救われるまで輪廻の世界に生まれかわって救済を続け,自分は理想とされる涅槃(ねはん)に入らないという《楞伽(りようが)経》の教えに基づいて,優れた僧をそのような菩薩とみなし,その死後49日間に受胎されて生まれた者のあいだから転生者を探し出す習慣が生じた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かつぶつ【活仏】

生き仏。生き如来。
チベット仏教で、仏・菩薩・聖僧などの転生者と考えられている高僧。ダライラマなど。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かつ‐ぶつ クヮツ‥【活仏】

〘名〙
① 普通の人間の姿をしてこの世に現われた仏。また、仏を思わせるような高徳の僧、情け深い人など。いきぼとけ。生如来(いきにょらい)
※玄旨軒眼目(1693頃)「今日の我身の上が直に活仏じゃものを」
※読本・近世説美少年録(1829‐32)二「実に是、濁世(ぢょくせ)に多く値偶(ちぐ)しがたき、人間未曾有の活仏なれば」 〔韓邦靖‐長安宮女行〕
② ラマ教の首長。ラマ教では転生によって出現するものと信じられている。ダライラマとパンチェンラマの二種類がある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の活仏の言及

【チャンジャ・フトクト】より

…中国,清代内モンゴルの最高の活仏で黄帽派(ゲルー派)ラマ教主の名称。その初代活仏ロサンチョエデン(1642‐1715)は青海地方に生まれ,ダライ・ラマ5世の弟子となったのち,1693年(康熙32)勅命を奉じて北京に来た。…

※「活仏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

統合型リゾート(IR)

Integrated Resortの略で、カジノや劇場、ホテルなどが一体となった施設。国会の超党派議員が提出したカジノ解禁法案はIRの整備を後押しする基本法案で、2014年に趣旨説明と質疑が行われたも...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android