コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トランスジェニック生物 とらんすじぇにっくせいぶつ/いでんしどうにゅうせいぶつtransgenic organism

知恵蔵の解説

トランスジェニック生物

外来の遺伝子DNAを細胞内に導入し、個体にまで育てた生物。遺伝子導入生物、形質転換生物ともいう。世界初のトランスジェニック動物は、1980年に作出されたスーパーマウスで、マウスの受精卵にラットの成長ホルモン遺伝子が導入され、体重が通常の2倍ある。現在では、各種のトランスジェニック動物が作出され、遺伝子の機能や遺伝病などの基礎的研究に用いられている。トランスジェニック植物では、葉などの細胞に外来遺伝子を導入し、植物体に成長させる。この手法は作物の品種改良に既に用いられており、各種のトランスジェニック作物=遺伝子組み換え作物が作出されている。

(川口啓明 科学ジャーナリスト / 菊地昌子 科学ジャーナリスト / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

栄養・生化学辞典の解説

トランスジェニック生物

 異種の生物の遺伝子の一部を移し入れた生物.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

トランスジェニック生物の関連キーワード分子生物学

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android