コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トルガウ Torgau

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トルガウ
Torgau

ドイツ東部,ザクセン州の都市。ライプチヒ北東約 50kmのエルベ川沿いに位置する。 1288年に都市権を獲得。 1486年以後しばしばザクセン選帝侯の居地となり,その居城ハルテンフェルス城 (1533~44,1616~23) は現在博物館となっている。ルターが活躍した地で,1526年にはカトリック諸侯に対するトルガウ同盟がプロテスタント諸侯により結成された。聖マリエン教会 (1390) にはルターの妻カテリナ・フォン・ボラが葬られている。シュロス教会 (1543~44) はプロテスタントの聖堂として建設された最初のもの。第2次世界大戦末期のソ連軍とアメリカ軍との出会いを記念する碑が,付近のエルベ川岸にある。農業機械,陶磁器,ガラス,鋳鉄などの製造が行われる。人口2万 2219 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

トルガウの関連キーワードヨハン・フリードリヒカルル・アウグストグナイゼナウアムスドルフツィーテンワルターダウン

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android