ドクアジロガサタケ(読み)どくあじろがさたけ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドクアジロガサタケ
どくあじろがさたけ / 毒網代笠茸

毒キノコのコレラタケの別名。発見当初はこの名で命名されたが、網代笠(あじろがさ)の形を知る人が少ないこと、コレラ症状を呈する致命的な猛毒菌であることを一目瞭然(りょうぜん)として警戒させる必要からコレラタケと改名した(新旧両名とも命名者は今関六也)。[今関六也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android