コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

毒キノコ どくキノコ poisonous mushroom

3件 の用語解説(毒キノコの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

毒キノコ
どくキノコ
poisonous mushroom

担子菌類中の子実体の大きなものをキノコといい,そのうち毒をもつものの総称。有毒成分はキノコの種類によって異なり,鑑定はむずかしい。そのため毒キノコによる中毒事件はあとを絶たない。古来特に有毒とされているキノコにはおよそ次のものがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

毒キノコ【どくキノコ】

毒菌とも。普通食べると中毒を起こすキノコをいう。その毒成分はコリンムスカリンなどが代表的で,神経系を冒したり,消化器,血液などに影響を与えるなどの作用がある。
→関連項目食中毒

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

毒キノコ
どくきのこ

毒性をもつキノコをいい、日本に分布する毒キノコの数は数十種を超えるが、実際の中毒は10種前後のキノコによる。そのうち、致命的なのはドクツルタケタマゴテングタケの仲間の数種と、コレラタケ、ニセクロハツなどである。致命的ではないが、激しい苦痛をおこすものとしてドクササコニガクリタケがある。症状の多くは下痢、嘔吐(おうと)性であるが、キノコ中毒のうち約3分の2はツキヨタケ、イッポンシメジ(近縁種としてクサウラベニタケ)、マツシメジ(カキシメジ)などであるため、キノコ狩りをする人は、これらの毒キノコの形態などを、あらかじめ知っておく必要がある。
 民間に伝わる毒キノコの鑑別法(たとえば茎が縦に裂けるキノコは食べられるなど)には誤りが多いうえ、毒キノコには種類が多く、形状もさまざまなので、安直な見分け方はないことを留意しておきたい。[今関六也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の毒キノコの言及

【キノコ(菌∥蕈∥茸)】より

…キノコは英語ではマッシュルームmushroom,フランス語ではシャンピニョンchampignon,ドイツ語ではピルツPilzという。
[食用キノコと毒キノコ]
 人類とキノコとのつながりは,食用から始まったといえよう。森林を背にし海辺に住んだわれわれの先祖は,海の幸と山の幸に恵まれた。…

※「毒キノコ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

毒キノコの関連キーワード子実体担子菌類不完全菌類担子器子実層キノコバシディオ胞子キノコ(菌∥蕈∥茸)半担子菌類

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

毒キノコの関連情報