ドランメン川(読み)ドランメンがわ(英語表記)Drammenselva

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドランメン川
ドランメンがわ
Drammenselva

別称ドラム川 Dramselva。ノルウェー南部を流れる川。標高 1933mのハリングスカルフ南斜面に源を発し,オスロ南西のドランメンフィヨルドに流入する。全長 309km。上流部はハリングダール川とも呼ばれる。第2次世界大戦後,流域に大発電所が建設され,周辺に製材,製紙工業が発達した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android