製紙工業(読み)せいしこうぎょう(英語表記)paper mill industry

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

製紙工業
せいしこうぎょう
paper mill industry

原料の調整,抄造仕上げ製紙3工程を行う工業。機械ずきと手すきの方法があるが,現在では紙幣など特別の用途を除く圧倒的な部分は機械ずきによる。パルプはそのままでは製紙に適さないので叩解 (こうかい) ,精砕などによって,繊維をほぐし,均一にしながら水を加えてどろどろに溶かし,それに引張り強度,吸水性や柔軟性を加えたりするために各種の薬品を添加する。それを第2の工程である抄紙機にかけて紙とする。仕上げでは,その紙を新聞用,包装用,板紙など,各用途別に分けながら,コーティング (塗工) によって,不均等性をなくし,紙面を均一にするものもある。紙ほど広く使用されている工業製品はほかになく,その消費量も文化の水準によって著しい差異があるが,世界中で平均年間1人あたり 39kgをこえている (1988) 。日本でも製紙工業は年々生産量をふやし,1989年の生産高は 2681万tと,アメリカに次ぎ世界第2位。巨大な設備,装置を用いて生産の行われる装置産業であり,価格競争に陥りやすいなどの問題をかかえ,業界再編の動きが活性化している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の製紙工業の言及

【紙・パルプ工業】より

…新聞用紙や印刷用紙,ティッシュペーパーといった生活関連需要を満たす洋紙と,段ボール箱などの産業用包装資材の原紙となる板紙,および両者の原料であるパルプを供給する工業をいう。パルプを原料として各種紙類を生産する産業を製紙業ないし製紙工業という。
[世界の概況]
 パルプ生産はアメリカが世界の1/3余りを占め,2位のカナダを加えると北アメリカで世界生産の半分を占める。…

※「製紙工業」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

製紙工業の関連情報