ドーナツ盤(読み)ドーナツバン

大辞林 第三版の解説

ドーナツばん【ドーナツ盤】

一分間四五回転で演奏するレコードのうち、中心穴が大きく38ミリメートルのもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ドーナツ‐ばん【ドーナツ盤】

〘名〙 レコードのうち、一分間四五回転で、中央の円孔が大きいものの俗称。通常、直径一七センチメートル。イー‐ピー(EP)。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のドーナツ盤の言及

【レコード】より

…1963年以後は製造されていない。
[45回転/minレコード]
 一般の呼び方はシングル盤(直径17cmのものをさす),もしくはドーナツ盤である。片面に1曲録音されているところからシングル盤,中央がくりぬかれた形状からドーナツ盤とよばれるようになった。…

※「ドーナツ盤」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android