コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナガタニシ(読み)ながたにし

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナガタニシ
ながたにし / 長田螺
[学]Heterogen longispira

軟体動物門腹足綱タニシ科の巻き貝。琵琶(びわ)湖特産の淡水性種で、殻高55ミリぐらいになる。殻の側面はあまり膨らまず、縫合下の肩はわずかに角張る。胎児は大きく、殻高10ミリ弱である。[奥谷喬司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のナガタニシの言及

【タニシ(田螺)】より

…原種は中国に分布する。ナガタニシHeterogen longispira(イラスト)は殻の高さ5cm,径2.7cm。螺塔は前2種より高く,螺層の膨らみは弱い。…

※「ナガタニシ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android