コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナジド地方 ナジドちほうNajd

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナジド地方
ナジドちほう
Najd

サウジアラビア中央部の地方名。ヒジャーズの山岳地帯から東方へ傾斜する,主として岩石から成る高原を占める。北部はナフード砂漠,東部はダフナー砂漠,南部はルブアルハーリー砂漠に接する。トゥワイク山地の急斜面や,アルマー高原に沿って並ぶオアシスを除けば,定住民はわずかである。 18世紀中頃以降,ワッハーブ派イスラム教の根拠地となるまで政治的に分裂していた。サウード家の指導のもとにワッハーブ派はナジド地方を確保し,1803年メッカに進出,トルコの勢力を排して 24年リヤードを新しく首都として,この地方を支配した。 1932年イブン・サウードサウジアラビア王国を建てると,リヤードは同王国の首都となった。アーリド地区カーシム地区,ジャバルシャンマール地区などにオアシスがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone