コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナトゥ・ラ[峠] Natu La

世界大百科事典 第2版の解説

ナトゥ・ラ[峠]【Natu La】

インド北東部,シッキムチベットの境にある峠。標高4310m。シッキム州都ガントクGangtokの東北東24kmにある。インド・チベット間の主要交易路を結び,シッキムからチベットのチュンビ渓谷へ通じる。かつて多くの旅行家が,ここを通ってチベット入りをした。しかしイギリスは1879年チベットへの通路として,この峠の南にあるジェレップ・ラJelep La峠(4374m)への道を完成し,それがカリンポンとチュンビ渓谷を結ぶ最短路となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android