コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナノチューブ nanotube

翻訳|nanotube

デジタル大辞泉の解説

ナノチューブ(nanotube)

直径が10億分の1メートル程度(ナノメートル程度)の管状の物質の総称。代表的なナノチューブとして、炭素原子が六角形の格子状に並んだ表面構造をとるカーボンナノチューブが知られ、単にナノチューブというとカーボンナノチューブを指すことが多い。炭素以外では、ケイ素(Si)や窒化ホウ素(BN)のナノチューブが発見されている。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ナノチューブの関連キーワードナノテクノロジー(化学の)単層カーボンナノチューブ多層カーボンナノチューブ直接メタノール形燃料電池産業技術総合研究所メゾスコピック物理軌道エレベーター宇宙エレベーターベンタブラックセルロース繊維ナノカーボン恩賜賞受賞者グラフェン中視的物理フラーレン単層CNT多層CNTクラスター無定形炭素ノボセロフ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ナノチューブの関連情報