なの

精選版 日本国語大辞典「なの」の解説

な‐の

(形容動詞連体形語尾、または断定助動詞「だ」の連体形「な」に助詞「の」が付いたもの) やわらかな断定を表わす。これに終助詞「よ」「ね」が付くこともあるが、いずれも主に女性が用いる。
※化銀杏(1896)〈泉鏡花〉一三「其はね、芳さん、斯うなのよ」
[補注](1)「なの」は、さらにその後に断定の助動詞「だ」「です」などを付着させる。→なのだなのです
(2)「なのだ」や、終助詞「さ」の付いた「なのさ」などは男性語的。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android