コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

珪素/硅素 ケイソ

デジタル大辞泉の解説

けい‐そ【×珪素/×硅素】

炭素元素の一。地殻中では酸素の次に多く、天然に遊離状態では産出しないが、酸化物または珪酸塩として岩石や土の主成分となっている。工業的には珪砂(けいしゃ)を電気炉内で炭素で還元して製する。製法により無定形の褐色粉末、あるいは暗青黒色結晶になる。半導体素子素樹脂原料・合金添加元素などに用いる。元素記号Si 原子番号14。原子量28.09。シリコン

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

珪素/硅素の関連キーワードフレデリック・スタンレー キッピングsilicone gomシリコンカーバイド繊維シリコントランジスターシリコンナイトライドシリコンカーバイドパイレックスガラスシリコーン樹脂多結晶シリコンオルガノシランカーボランダムシリカスケールボーキサイトシリカパージシリカガラスラップ仕上げ共有結合結晶曹達ガラスシリカ鉱物ラウタール

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android