珪素(読み)けいそ

精選版 日本国語大辞典「珪素」の解説

けい‐そ【珪素】

〘名〙 炭素族元素の一つ。記号 Si 原子番号一四。原子量二八・〇八六。灰色でダイヤモンド型の等軸系結晶、黒色で金属光沢をもつ結晶性のものや、褐色で無定形のものなどがある。天然には単体としては存在しないが、珪酸塩として広く存在し、地殻の主要構成要素となっている。工業的には珪砂を原料として電気炉で炭素または、マグネシウム、アルミニウムで還元してつくる。空気中では常温で安定。高温では酸素、窒素、ハロゲンなどと反応する。高純度のものは典型的な半導体としてダイオード、トランジスタに用いられるほか、合金元素としても重要。シリコン。〔稿本化学語彙(1900)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「珪素」の解説

けい‐そ【×珪素/×硅素】

炭素元素の一。地殻中では酸素の次に多く、天然に遊離状態では産出しないが、酸化物または珪酸塩として岩石や土の主成分となっている。工業的には砂(けいしゃ)を電気炉内で炭素で還元して製する。製法により無定形の褐色粉末、あるいは暗青黒色結晶になる。半導体素子・珪素樹脂原料・合金添加元素などに用いる。元素記号Si 原子番号14。原子量28.09。シリコン。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android