コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナノナイフ なのないふ NanoKnife

1件 の用語解説(ナノナイフの意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

ナノナイフ

がんに対する局所的な物理療法の一つ、またはそれを行う治療器機のこと。不可逆電気穿孔(せんこう)法=Irreversible Electroporation(IRE)。がんを取り囲むように外径1ミリほどの針を2~6本刺し、3000ボルトの直流電流を1万分の1秒流すことによって、がん細胞にナノサイズ(1ナノメートル=10万分の1ミリメートル)の小さい穴を開け、がん細胞をアポトーシス(細胞死)させる。これまでのがんに対する局所療法(塞栓(そくせん)療法、ラジオ波焼灼(しょうしゃく)療法)に比べ、治療適応範囲が拡大し安全性も向上している。米国では2008年にFDA(アメリカ食品医薬品局)の医療器承認を取得しており数千の実施例がある。ヨーロッパでは欧州の医療器認証を取得し約1000例の治療が行われ、台湾・香港・オーストラリアでも始められている(14年3月現在)。日本では、14年2月に東京医科大学病院消化器内科により、日本で初めて肝がんに対するナノナイフの臨床研究としての治療が行われ成功した。

(2016-2-26)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

パラリンピック

障害者スポーツ最高峰の大会。国際パラリンピック委員会(IPC : International Paralympic Committee)が主催している。もう1つのオリンピックという意味を表すparal...

続きを読む

コトバンク for iPhone