コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナフタ naphtha

翻訳|naphtha

大辞林 第三版の解説

ナフタ【NAFTA】

北米自由貿易協定。1992年米・カナダ・メキシコの三か国で調印、94年発効。関税の相互引き下げを定め、原産地規則を設定して域内の貿易と生産の活性化を目指す。

ナフタ【NAFTA】

〖North American Free Trade Agreement〗
ナフタ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナフタ

ナフサ」のページをご覧ください。

ナフタ

北米自由貿易協定」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のナフタの言及

【ナフサ】より

…語源はペルシア語のnafāṭ(地中から得られる燃える油状液体をさす言葉)に由来するといわれる。ナフタともいう。原油を常圧蒸留装置にかけて得られるナフサを直留ナフサといい,これは軽質ナフサ(沸点約100℃以下)と重質ナフサ(沸点約100~200℃)に区別される。…

※「ナフタ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ナフタの関連キーワードカナディアン・インペリアル商業銀行ナフタレン(データノート)ナフタリンスルホン酸ナフタレンスルホン酸コールタール染料ニトロナフタレン米州自由貿易圏ナフチルアミンナフチオメートペトロ・カナダマルルーニーナフタレン環芳香族化合物地域貿易協定アセナフテンメルコスール自由貿易地域ナフトール原産地規則ナフタレン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ナフタの関連情報