ナブダトリ遺跡(読み)ナブダトリいせき(英語表記)Navdatoli

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナブダトリ遺跡
ナブダトリいせき
Navdatoli

インド,マディヤプラデーシュ州ナルマダ河岸の金石併用時代遺跡。 1952~59年に H.D.サンカリアらが調査した。第I期は石刃銅器のほか白彩赤色黒縁土器とマルワ土器があり,麦も発見されている。第 II期は土器のうち前者がなくなるほか,米が発見されており,年代は前 1700年頃とされる。 III期は轆轤 (ろくろ) 製で黒彩赤色のジョルウェ土器の時期,IV期は粗製赤色土器の時期である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android