コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

轆轤 ろくろ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

轆轤
ろくろ

回転盤の一種。土器や金工品,木工品を円形に成形するのに用いる。土器用の轆轤は回転軸が垂直で,単純なものは1枚の厚い円盤を手で回転させるが,進んだものは回転軸の下部にはずみ車をつけ足で蹴って回転させる。その起源は前 3000年以前にさかのぼり,古代インダス文明や古代メソポタミア文明にその使用を示す土器類が発見されている。日本では須恵器の製作に轆轤を用いた跡がみられる。木工品や金工品用の轆轤は回転軸が水平で,これに縄や紐を巻きつけ,これを前後させて回転させ,軸の一端に工作物を取付け刃物を当てて適当に削り加工する。現在は電気その他の動力によるものがほとんどで,人力のものはごく一部でしか用いられていない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ろく‐ろ【××轤】

円形の陶磁器を成形するときに用いる台。上部の円盤に陶土をのせて、回転させながら種々の形を作り出す。轆轤台。
轆轤鉋(ろくろがんな)」の略。
重い物の上げ下ろしに用いる滑車。
車井戸の釣瓶(つるべ)を上下するための滑車。
傘の上端で骨の先を集めて、傘の開閉に用いる仕掛け。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ろくろ【轆轤】

日本では回転運動を利用するさまざまな装置を〈ろくろ〉と呼んでおり,(1)製陶用,(2)木工・金工用,(3)重量物移動用,(4)井戸の水汲み用の装置をさす。このほか,回転運動と無関係な,傘の柄の上部にとりつけて骨の端をはめこむ小さな臼状の部品もこの名で呼ぶ。中国で〈轆轤〉とされるのは(3)(4)である。ろくろは,回転軸が垂直,水平のいずれをなすかによって竪軸ろくろ横軸ろくろに分かれ,また単方向に回るものと両方向に交互に反復回転するものとに分かれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の轆轤の言及

【須恵器】より

… 須恵器の成形法は,粘土紐積上げが基本である。器形の大小にかかわらず,まず粘土紐を積み上げて原型をつくり,その後,叩きや削りの技法を用いて形態を整え,仕上げの段階にいたって轆轤(ろくろ)を用い,調整する。轆轤の水びき技法が採用されるのは,中世末の磁器生産開始の際であり,須恵器,灰釉・緑釉陶器,中世陶器は,いずれも粘土紐積上げの成形法を基本とし,轆轤の使用は成形の最終段階である仕上げの段階に限られていた。…

【土器】より

…なお別種の粘土を混ぜ合わせて好適な素地を作ることもある。 土器の製作法はろくろを使用するか,しないかの二つに大別される。ろくろを使うと,回転運動の遠心力を利用して,粘土塊から器の形を挽(ひ)き出すことができる。…

【木工芸】より

…木材を平らに削る鉋(かんな)の出現は17世紀を待たねばならない。木工にとって重要なろくろ技術はメソポタミア地方の古代国家の家具に多くみられるため,この技術の発生地はメソポタミア地方とされている。イギリスの家具史研究家パーシー・マッコイドは家具の歴史を,使用された木材から〈オーク(ナラ,カシ)の時代 1400‐1660年〉,〈ウォルナット(クルミ)の時代 1660‐1720年〉,〈マホガニーの時代 1720‐70年〉,〈サテンウッドの時代 1770年~19世紀初期〉と時代区分している。…

※「轆轤」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

轆轤の関連キーワード引き入れ・挽き入れ・引入れ元光斎(2代)挽き入れ合子日下部 一郎山口甚治郎日下部一郎井上 延年上げ下ろし柴田一光回り舞台中嶋武仁傘・唐傘大島暉意片岡亀玉山口縫造水野古道家永熊吉轆轤細工轆轤挽き挽き入れ

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

轆轤の関連情報