時期(読み)じき(英語表記)generation

翻訳|generation

岩石学辞典「時期」の解説

時期

火成岩の中の同じ鉱物種の二つまたはそれ以上の群が,異なった群で結晶の大きさや形が顕著に異なる場合に用いられる.斑晶正長石を囲んでいる石基に正長石が含まれる場合などで,斑晶のものは石基よりも早期の時期(generation)に属するという.二つの群は異なった形成時期を示しており,マグマの冷却過程での条件の変化に対応している[Holmes : 1920].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

デジタル大辞泉「時期」の解説

じ‐き【時期】

ある幅をもった時。期間。「入学の時期」「時期が重なる」
その時。そのおり。「時期が来ればわかる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「時期」の解説

じ‐き【時期】

〘名〙
① 時代、期間、期限など、ある区切られた時。時分。ころあい。
※英和対訳袖珍辞書(1862)「Maturity,s. 熟シタルコト。〈略〉時期ノ満ツルコト」
※尋常小学読本(1887)〈文部省〉六「其成長の時期をはかり、根もとより之を刈り取り」
② 季節。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android