コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナポレオン金貨 ナポレオンきんかnapoléon[フランス]

世界大百科事典 第2版の解説

ナポレオンきんか【ナポレオン金貨 napoléon[フランス]】

小口投資の対象になっているフランスの20フラン古金貨。フランス人は昔から金選好が強く,とくに金貨は愛好され,大量に現存するために希少価値の低い古金貨が,地金価値と大差ない価格で取引されてきた。ナポレオン金貨は,ナポレオン1世の金貨をさすと解する説もあるが,現在では,1852年から70年にかけて発行されたナポレオン3世の肖像入りの20フラン金貨を中心とした,投資の対象となっている20フラン金貨の総称として使用されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android