コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナンダ・コット[山] ナンダコット

1件 の用語解説(ナンダ・コット[山]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ナンダ・コット[山]【ナンダコット】

インド,ウッタル・プラデーシュ州北西端,ヒマラヤ山脈中のナンダ・デビ山群の南方の峰。標高6867m。1936年立教大学隊が初登頂。日本人によるヒマラヤ登頂の最初。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内のナンダ・コット[山]の言及

【登山】より

…大正末期から昭和初期には北アルプスを中心とした積雪期初登頂時代となり,さらにヒマラヤ登山などの海外遠征がめざされた。36年立教大学堀田弥一隊はガルワール・ヒマラヤのナンダ・コット(6867m)初登頂に成功した。 第2次大戦後の1952年今西錦司隊はネパール・ヒマラヤのマナスルを踏査し,翌53年早稲田大学関根吉郎隊は南アメリカのアコンカグア(6960m)登頂に成功した。…

※「ナンダ・コット[山]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone