コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニコティアナ ニコティアナNicotiana alata; flowering tobacco; jasmine tobacco

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニコティアナ
Nicotiana alata; flowering tobacco; jasmine tobacco

ナス科の1属名で世界に約 70種が分布するが,園芸的にはブラジル原産のハナタバコをさす。葉は卵状楕円形で互生し,全縁。茎頂に数花が総状花序を形成する。花は長さ6~12cmの細い花筒を伸ばし,星形に5裂する。原種白花だが,育種によって桃色,クリーム色,紅色,紫紅色などの品種が生れている。本来1~1.5mになる大型草本であるが,一般に栽培されるのは 30~40cmの園芸品種である。比較的耐寒性があり,関東地方の平野部では日当りのよい軒下程度で越冬する。腐植質を多く含む水はけのよい土壌が適している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ニコティアナの関連キーワード米谷植物群

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android