ニトロソヘモグロビン

栄養・生化学辞典の解説

ニトロソヘモグロビン

 一酸化窒素と還元型ヘモグロビンの鉄が結合したもの.肉の加工で,塩漬けするとき,亜硝酸塩を入れるが,その亜硝酸塩から生成する一酸化窒素が肉内のヘモグロビンと結合して肉の色の一部となる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android