コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亜硝酸塩 あしょうさんえん nitrite

翻訳|nitrite

5件 の用語解説(亜硝酸塩の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

亜硝酸塩
あしょうさんえん
nitrite

亜硝酸の塩類。魚肉などの第一,第二アミンと反応して N-ニトロソアミンをつくり,これが発癌の原因となるおそれがあるといわれる。 N-ニトロソアミンの一種であるジメチルニトロソアミンに強い癌原性があることは,1956年イギリスマギーらによって発表されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あしょうさん‐えん〔アセウサン‐〕【亜硝酸塩】

亜硝酸水素アンモニウムあるいは金属で置換したもの。酸化剤としても還元剤としても使われる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

亜硝酸塩

 亜硝酸のナトリウム塩,カリウム塩などで,食品添加物として発色剤に使われる.⇒亜硝酸ナトリウム亜硝酸カリウム

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

あしょうさんえん【亜硝酸塩】

亜硝酸の塩類。一般に無色か淡黄色を帯びた結晶。水に溶けやすく、水溶液は塩基性を示す。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

亜硝酸塩
あしょうさんえん
nitrite

亜硝酸HNO2の水素が金属で置換されて生ずる塩。一般式MNO2およびM(NO2)2で示される。アルカリ金属、アルカリ土類金属、銀、水銀などの塩が知られ、その他の重金属塩は不安定である。アルカリ金属塩は硝酸塩をそのまま、または鉛を加えて熱分解してつくる。その他の塩は亜硝酸ナトリウムとの複分解による。一般に水に溶けやすいが、銀塩は溶けにくい。酸化剤としても還元剤としても働く。遷移金属イオンとは多くの種類の錯塩をつくりやすい。亜硝酸イオンは、硫酸を加えて赤褐色の二酸化窒素を発生することで検出される。ナトリウム塩はジアゾニウム塩の合成に用いられる。[守永健一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

亜硝酸塩の関連キーワード第二アミンニトロソアミン亜硝酸ナトリウムニトロサミン亜硝酸氷亜硝酸窒素チアミン塩バンスライク反応亜硝酸アミル飽和環式第二アミン

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone

亜硝酸塩の関連情報