コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニュートン流動 Newtonian flow

世界大百科事典内のニュートン流動の言及

【流れ】より

…粘性応力は,純粋なひずみの速度に物質によって定まる比例定数(粘性率)μをかけたものであり,流れの方向にx軸,それに直角な方向にy軸をとると,y軸に直角な面のx方向に働く粘性応力τは,流れの速度をUとして,τ=μ(dU/dt)で与えられる。このような性質をもつ流体はニュートン流体と呼ばれ,またこのような流れ(ニュートンの流れ,ニュートン流動)を支配する方程式をナビエ=ストークスの方程式という。粘性
[レーノルズ数と流れ]
 さて物体を過ぎる流れや管の中の流れなど,境界のある流れでは,境界の形や配置が同一であっても,流体の密度ρ,粘性率μ,流速(代表速)Uや代表的長さLなどによって流れの模様はさまざまである。…

【レオロジー】より

…管の中を液体が流れるとき,その速度は管壁でゼロ,管の中心で最大である。理想的な粘性流動(ニュートン流動)では,この速度こう配と力の間に比例関係がある。塑性とは,ある程度以上の力を加えて初めて物質の変形が連続して起こり,力を加えるのを止めても変形が回復しない性質をいう。…

※「ニュートン流動」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ニュートン流動の関連キーワードニュートン粘性塑性流動粘性流動

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android