コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニューヨーク・オフショア・センター ニューヨーク・オフショア・センターNew York Offshore Center

1件 の用語解説(ニューヨーク・オフショア・センターの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニューヨーク・オフショア・センター
New York Offshore Center

ヤンキー・ダラー市場とも呼ばれ,正式名称はニューヨーク自由金融市場。 1960年代からロンドンシティなどで拡大した国際金融取引をアメリカに引き戻し,ニューヨーク市場の地位向上を狙って 81年 12月に設立されたオフショア・センター。ニューヨーク所在の金融機関インターナショナルバンキングファシリティ (IBF) と呼ばれる国内市場とは分離した特別の勘定を設け,IBFを通じて行なう非居住者間の国際金融取引については,地方税および利子源泉課税の減免,預金準備率および金利最高限度規制の対象外とするなどの優遇措置が設けられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone