コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヌナタク nunatak

翻訳|nunatak

1件 の用語解説(ヌナタクの意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

ヌナタク

大陸氷床の海岸に近い末端部が氷河から分離する場合に,その分流点に氷面から突出し氷河によって完全に囲まれた三角形の基盤岩の丘または山をいう.西グリーンランドイヌイット語のnunataqに由来[ランダムハウス : 1994,地学団体研究会 : 1996].

出典|朝倉書店
岩石学辞典について | 情報

世界大百科事典内のヌナタクの言及

【氷河地形】より

…氷河時代に氷河の表面より上にそびえていた山地は,山麓部が氷食を受けてなだらかな地形となっているのに,山頂部はごつごつした地形となる。これはヌナタクnunatak(エスキモー語に由来)と呼ばれる。南極の山地は下部を氷床に覆われているが,やはりヌナタクと呼ばれる。…

※「ヌナタク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone