氷面(読み)ヒモ

デジタル大辞泉 「氷面」の意味・読み・例文・類語

ひ‐も【氷面】

氷の張った表面多くひも」に掛けていう。
「あしひきの山井の水は氷れるをいかなる―の解くるなるらむ」〈・九〇〉

ひょう‐めん【氷面】

氷の表面。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「氷面」の意味・読み・例文・類語

ひ‐も【氷面】

  1. 〘 名詞 〙 氷のはった面。「紐」にかけて用いる。
    1. [初出の実例]「足引の山井の水は氷れるをいかなるひものとくるなるらん」(出典:枕草子(10C終)九〇)

ひょう‐めん【氷面】

  1. 〘 名詞 〙 氷の表面。
    1. [初出の実例]「其輪轍の泥土、漸々に氷面を汚し」(出典:米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉四)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android