コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネオカラミテス Neocalamites

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネオカラミテス
Neocalamites

シダ植物トクサ (楔葉) 綱トクサ目に属する化石植物。トクサよりはカラミテス (蘆木) に近い形態をもつ。地上茎の表面には縦に交互に配列する隆起線と凹線があり,相隣接する節では,隆起線は凹線と,凹線は隆起線と,それぞれ節をへだてて対峙する。この点カラミテスやエキセティテス Equisetitesとは異なる。葉は線状で各節に輪生し,基部において癒着せず,1本の主縦脈を有する。したがって,葉と節を欠くときにはカラミテスやエキセティテスと区別しにくい。三畳紀からジュラ紀に繁茂した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のネオカラミテスの言及

【大嶺植物群】より

…三畳紀後期の各種のトクサ,シダ(とくにヤブレガサウラボシ科のものが多い),ソテツ葉類,イチョウ,球果類などの化石がみごとに保存されている。植物の化石は,その植物体の一部分しか知られていない場合が多いが,大嶺植物群の中には,アステロセーカ・オカフジイAsterotheca okafujii(リュウビンタイ科)やネオカラミテスNeocalamites(トクサ目)など,植物の全体の体がほとんど完全な形で知られているものが多く,古生物学的に重要な資料となっている。また三畳紀に限って生育したと考えられる球果の類も多く,これらは当時の日本の植生を知るのに役立っている。…

※「ネオカラミテス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ネオカラミテスの関連キーワード成羽植物群大嶺植物群

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android