蘆木(読み)ロボク

  • ×蘆木

世界大百科事典 第2版の解説

代表的な絶滅シダ植物の1属(イラスト)。現生ヨシ(蘆)に似た木というで名づけられた。約3億年前の古生代後期の石炭紀・二畳紀に大発展をとげ,汎世界的に分布し,大部分は古生代末に絶滅し,一部は三畳紀まで生き残った。茎枝は巨大で明らかな節間にわかれ,その中心には大きな髄孔があり第2期肥大生長を行う。化石として最も普通に産するのは茎そのものではなく髄孔内の内型であり,表面の模様は髄孔内面の押型である。巨大なものは径30cm,高さ30mに達した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 シダ植物の一群。古生代デボン紀から二畳紀にかけて生存した。幹の径約一メートル、高さは一〇メートル以上に及ぶ。枝や葉が輪生する竹のような節があり、現存する類縁種にトクサの仲間がある。石炭の原木。〔英和和英地学字彙(1914)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の蘆木の言及

【アヌラリア】より

…古生代後期の有節植物を代表する蘆木(カラミテスCalamites)の葉に与えられた形態属名。蘆木は現生トクサ類の祖先系の植物で,茎は直径20cmもあり,巨大であった。…

※「蘆木」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android