コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハイジの泉 ハイジのいずみ

1件 の用語解説(ハイジの泉の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ハイジのいずみ【ハイジの泉】

スイスの東端、オーストリアリヒテンシュタイン国境近くの人口2400人ほどの小さな村マイエンフェルトMaienfeld)にある泉。マイエンフェルトは、アニメアルプスの少女ハイジ』の原作で、同国の女流作家ヨハンナ・シュピーリが書いた児童文学の名作『ハイジ』の舞台となったところ。この物語に登場するブランディス城や村役場、山へと続く小道、水飲み場などの風景が広がっている。こうした景色を楽しむハイキングコースの最後につくられた泉で、泉のそばの自然石に、泉をのぞき込むようにつくられたハイジの彫刻がある。近くにはハイジハウス(ハイジ博物館)がある。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ハイジの泉の関連キーワードスイスリヒテンシュタインオーストリア併合オーストリアハンガリー帝国EFTAオーストリーフェルトキルヒオーストリア放送交響楽団ジャコ・パストリアスの肖像オーストリアン・ピンシャー

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハイジの泉の関連情報