小道(読み)しょうどう

精選版 日本国語大辞典「小道」の解説

しょう‐どう セウダウ【小道】

〘名〙
① 細い道。こみち。
※菅家文草(900頃)二・山寺「老臘高僧積、深苔小道分」
② ささいな道義
※足利本論語抄(16C)子張第十九「賢者は先王の道を行い不賢者は小道を行ぞ」 〔漢書‐宣元六王伝・東平思王宇〕
③ 人倫の道を大道というのに対して、農・医・占など技芸の仕事をいう。また、儒家の学説に対して、諸子百家の諸学説をいう。
※令義解(718)僧尼「凡僧尼卜相吉凶。及小道〈。厭符之類也〉」
※語孟字義(1705)上「及異端小道百芸之末、皆得道言一レ之也」 〔論語‐子張〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「小道」の解説

こ‐みち【小道/小径】

[名]
幅の狭い道。また、横道。わき道。⇔大道(おおみち)
6町を1里とする里程。⇔大道(おおみち)
[形動ナリ]
気の小さいさま。
「手前の金なれば商売にさへ二の足ふみ、―なる故高利もなし」〈洒・初葉南志〉
金銭にこまかいさま。けちくさいさま。
「こんな―なる所を見ては、一日も中々暮らさるる所とは思はれず」〈浮・置土産・三〉
[補説]作品名別項。→小路

しょう‐どう〔セウダウ〕【小道】

細い道。こみち。
ささいな道義。
人のふみ行うべき道を大道というのに対し、農・医・占など実際的な技芸の道。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

新撰 芸能人物事典 明治~平成「小道」の解説

小道
コミチ


職業
地唄三味線方

本名
藤田 磯栄

生年月日
明治45年 4月15日

出生地
京都府 京都市

経歴
京都・祇園で上方唄を習得。大阪の花街・北の新地に所属し、地唄を菊原琴治・菊原初子、常磐津を3代目常磐津林中に師事。駒香の相三味線として舞地演奏に活躍、京阪の上方唄の伝承者でもあった。平成5年芸妓を廃業後は藤田みちを名乗った。

没年月日
平成6年 9月30日 (1994年)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android