ハニーポット(読み)はにーぽっと

ASCII.jpデジタル用語辞典「ハニーポット」の解説

ハニーポット

インターネットからLANへの不正侵入の実態を把握するために、おとり調査のような形で不正侵入者の行動を記録するシステム。たとえば、いくつかのセキュリティホールを残した「甘い罠」となるサーバーをインターネット上に用し、侵入者がこのサーバーにアクセスしてきたら、どんな行動を取ったのかをすべて記録して対策や防御に役立てる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉「ハニーポット」の解説

ハニーポット(honeypot)

蜂蜜(はちみつ)の(つぼ)の意》コンピューターネットワーク上で、意図的に、悪意ある攻撃を受けやすいよう設定したコンピューターや機器のこと。クラッカーをおびき寄せたり、コンピューターウイルスふるまいを調査したりするおとりとして用いられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android