コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハネナガウンカ

世界大百科事典 第2版の解説

ハネナガウンカ

半翅目ハネナガウンカ科Derbidaeに属する昆虫の総称。世界に広く分布しているが,とくに熱帯地方に多くの種が生息している。現在までに約1000種ほどが知られている。小型あるいは中型のものが多いが,〈翅長〉の名のように翅は体に比べて大きく,Zoraida属などのように体長の3倍の長さに達する長大な前翅を有するものがある。Rhotana属などでは前翅,後翅ともに幅広で大きい。日本のように温帯に分布する種では夏から秋にかけて成虫が出現する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ハネナガウンカの関連キーワード黄条翅広浮塵子綾縁翅長浮塵子黒斑翅長浮塵子淡紅翅広浮塵子赤斑翅長浮塵子尻赤翅長浮塵子前黒翅長浮塵子桑山翅長浮塵子赤翅長浮塵子斑翅長浮塵子甘蔗斑浮塵子翅長浮塵子

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android