コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハバース管 ハバースかん Haversian canal

1件 の用語解説(ハバース管の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハバース管
ハバースかん
Haversian canal

骨の緻密質にある栄養管で,血管の通路となる。長骨では長軸方向に走り,その周囲には同心円状の骨層板がある。骨膜側から入ってくるフォルクマン管ハバース管と直交し,それらの間を連絡している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のハバース管の言及

【骨】より

…小さい骨では最後まで骨外にとどまることがある。骨組織の中にはハバース管Haversian canal,およびフォルクマン管Volkmann’s canalと呼ばれる2種類の管があり,ともに骨の栄養をつかさどるための細い血管が中に通っている。フォルクマン管は緻密質の表層の中にあって,骨膜から骨質にいく血管を通じており,骨細胞は細管とは無関係の配列を示している。…

※「ハバース管」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ハバース管の関連キーワード脳血栓栄養化学栄養分成分栄養オステオン海綿骨血管条術後栄養臨床栄養入院患者の栄養管理

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone