コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハバース管 ハバースかんHaversian canal

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハバース管
ハバースかん
Haversian canal

骨の緻密質にある栄養管で,血管の通路となる。長骨では長軸方向に走り,その周囲には同心円状の層板がある。骨膜側から入ってくるフォルクマン管はハバース管と直交し,それらの間を連絡している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のハバース管の言及

【骨】より

…小さい骨では最後まで骨外にとどまることがある。骨組織の中にはハバース管Haversian canal,およびフォルクマン管Volkmann’s canalと呼ばれる2種類の管があり,ともに骨の栄養をつかさどるための細い血管が中に通っている。フォルクマン管は緻密質の表層の中にあって,骨膜から骨質にいく血管を通じており,骨細胞は細管とは無関係の配列を示している。…

※「ハバース管」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ハバース管の関連キーワード恐竜温血説骨膜炎恐竜

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android