バイオディーゼル(読み)ばいおでぃーぜる(英語表記)biodiesel

知恵蔵の解説

バイオディーゼル

バイオ燃料の1つ。植物がつくりだす油脂(ダイズ油やナタネ油など)は、脂肪酸とグリセリンとが結合している。植物の油脂にメタノール(メチルアルコール)を混ぜてアルカリ処理などを行うと、植物油脂の構成成分である脂肪酸と、メタノールとが結合した化合物ができる。この化合物はFAME(fatty acid methyl ester、脂肪酸メチルエステル)と呼ばれ、このFAMEが、バイオディーゼルとしてディーゼル車の燃料として用いられる。日本では、家庭で利用された食用油のリサイクルによるバイオディーゼルの利用が進められているが、世界的には、栽培した作物から直接に植物油脂をとり、バイオディーゼルの原料としている。欧州ではナタネ油を、米国ではダイズ油を、東南アジアではパーム油を原料とするバイオディーゼルが多い。バイオディーゼルの利用の広がりは、原料作物の栽培の広がりによる、人間への食料供給との競合や、東南アジアでの自然環境破壊なども引き起こしている。

(川口啓明 科学ジャーナリスト / 菊地昌子 科学ジャーナリスト / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

バイオディーゼルの関連情報